icon-placeicon-typeline_qrlinelightbagcardooretcfreedialhousekey_smallkeysafegoogle-plusfacebooktwitter

さかえロック ロゴ

お問い合わせはこちら

blog

2012.07.31

バレルキー(八万ロック・チューブラーキー)

 

 

チューブラーキー(古いものはバレルキーとも呼ぶ)はチューブラー・ピンタンブラー錠を開錠するための鍵である。中空の円筒形の軸があり、通常の鍵のブレード部分より短く、その直径が大きい。最近のものは、軸の先端から外面に様々な長さの溝が刻まれている。この溝に軸と並行な方向に向いているピンがはまるようになっている。円筒の外面にある突起は鍵がピンに押し出されるのを防ぐ目的があり、円筒の中空部は鍵の回転軸の位置あわせを目的としている。

 

2012.07.31

八万ロック(チューブラーキー)

 

チューブラーキー(古いものはバレルキーとも呼ぶ)はチューブラー・ピンタンブラー錠を開錠するための鍵である。中空の円筒形の軸があり、通常の鍵のブレード部分より短く、その直径が大きい。最近のものは、軸の先端から外面に様々な長さの溝が刻まれている。この溝に軸と並行な方向に向いているピンがはまるようになっている。円筒の外面にある突起は鍵がピンに押し出されるのを防ぐ目的があり、円筒の中空部は鍵の回転軸の位置あわせを目的としている。

 

 

2012.07.31

チューブラーキー(八万ロック)

 

チューブラーキー(古いものはバレルキーとも呼ぶ)はチューブラー・ピンタンブラー錠を開錠するための鍵である。中空の円筒形の軸があり、通常の鍵のブレード部分より短く、その直径が大きい。最近のものは、軸の先端から外面に様々な長さの溝が刻まれている。この溝に軸と並行な方向に向いているピンがはまるようになっている。円筒の外面にある突起は鍵がピンに押し出されるのを防ぐ目的があり、円筒の中空部は鍵の回転軸の位置あわせを目的としている。

 

2012.07.31

ウォード錠

ウォード錠は、古代ローマでその原型が作られたと言う錠前です。そして現在でも南京錠や簡単な鞄などの錠に使われています。
構造としては、錠の内部にウォードと呼ばれる障害が設けられており、正規の鍵はその障害に当たらずに回転できるような形状になっています。

 

2012.07.31

スケルトンキー

スケルトンキーは非常に単純なデザインの鍵で、軸は円筒状で、先端に小さく平坦な矩形上の歯(合い形)がついている。また持ち手となる頭部も独特であり、全く飾り気のない平らなものと派手に装飾されたものがある。スケルトンキーはウォード錠の施錠機構を出し抜くよう設計されている。ウォード錠とその鍵はセキュリティ能力が低く、その鍵と同じ寸法かもっと小さいスケルトンキーでも開錠でき、スケルトンキーは多数のウォード錠を開錠できることが多い。スケルトンキーでなくても、ウォード錠の鍵穴にフィットする物体なら開錠できる可能性があった。

 

2012.07.31

棒鍵

 

昔からある鍵です、棒状になっており先端で引っかけて回す鍵です。

意外と制度が高い物もあり複製困難の物もあります。店舗の自動ドアなどにまだ使われています。

 

 

2012.07.31

アブロイキー

アブロイキーはディスクタンブラー錠の鍵で、そのブレード部は円筒を軸に沿って半分に切った形になっている。ブレード部には切り欠きが様々な角度で入っていて、それによって錠前内部のディスクを所定の角度まで回転させる。

フィンランドでは家の玄関の鍵としてアブロイキーがよく使われているが、フィンランド以外の世界各地でも使われている。ピッキングが非常に難しく、安全と言われている

 

2012.07.31

イモビライザー

 

トランスポンダーキーは、信号を発する回路を内蔵した自動車用の鍵である。

鍵を点火装置のシリンダーに挿入して回すと、自動車のコンピュータが無線信号をトランスポンダー回路に対して発信する。その回路には電源となる電池がなく、受信した無線信号自体をエネルギー源として動作する。その回路にはマイクロコントローラが組み込まれており、符号化された信号を車載コンピュータに返信する。その回路が応答しない場合や符号が間違っている場合、エンジンは起動しない。トランスポンダーキーの返信する符号はそれぞれ異なるため、このような鍵の複製は難しい。

 

2012.07.31

トランスポンダーキー(イモビライザー)

 

トランスポンダーキーは、信号を発する回路を内蔵した自動車用の鍵である。

鍵を点火装置のシリンダーに挿入して回すと、自動車のコンピュータが無線信号をトランスポンダー回路に対して発信する。その回路には電源となる電池がなく、受信した無線信号自体をエネルギー源として動作する。その回路にはマイクロコントローラが組み込まれており、符号化された信号を車載コンピュータに返信する。その回路が応答しない場合や符号が間違っている場合、エンジンは起動しない。トランスポンダーキーの返信する符号はそれぞれ異なるため、このような鍵の複製は難しい。

 

 

2012.07.31

ギザギザの鍵(一般的な鍵)

鍵を大きく分けるとすれば「ギザギザの鍵」と「ブツブツの鍵」に分けられると思います。

ギザギザの鍵とは鍵足がギザギザの鍵の事を言い昔からある鍵の事を言います。

リーズナブルで壊れにくく最近はピッキング対策もされておりお勧めです。

 

 

最新記事New Post

カテゴリCategory

過去記事Archive

お問い合わせ

鍵のことならどんなことでも対応いたします。
お気軽にお問い合わせください!

必須
必須
必須


作業項目 合鍵作成鍵開け鍵交換・修理金庫解錠防犯相談自動車(国産)自動車(外車)バイク自転車戸建住宅マンション・アパートその他